イタリア国内製造のこだわり

  • 2019.10.07 Monday
  • 22:35

JUGEMテーマ:ロードバイク総合

第二回目の今回はCIOCCがこだわっているイタリアでの製造についてお話ししたいと思います。


CIOCCがラインアップしているフレームは、スチールフレーム、チタンフレーム、カーボンフレーム、アルミフレームがあります。
このうち、スチールフレームとチタンフレームは、100%イタリア国内製造です。
また、カーボンフレームのSPUREMOシリーズとDEVIRYシリーズが、100%イタリア国内製造です。
その他のフレームについては、塗装仕上げ工程のみをイタリア国内で行っています。


なぜ、CIOCCは、設計、製造、塗装、仕上げの各工程を、イタリア国内で行うことにこだわりを持っているのでしょう。

その理由は、まずイタリアの技術に自信を持っているということです。
イタリアでのスチールフレームの作成の歴史は古く、長い時間の中で培われた優れた技術が、現代の職人たちに受け継がれています。そのため今でも多くのスチールフレームビルダーが存在し、職人たちが腕を振るっています。スチールフレームに関しては、世界でもトップクラスの伝統と技術が存在するのがイタリアであり、CIOCCが自信を持っている理由の一つです。よく、イタリアフレームは見栄えは良いが、見えない部分などの仕上げが粗いなどということを聞きますが、
CIOCCではフレームの接合部分の仕上げはもちろん、BBの底のような普段は見えない部分にも気を使い製造を行っています。


では、スチールフレーム以外はどうでしょうか。
実は、チタンやカーボンフレームに関しても、高い技術を持った職人が存在しています。
チタンに関してはスチールフレーム作成で培った技術を応用し、高いレベルでフレームを作ることができます。応用といってもスチールに比較して硬いチタンは加工難易度がはるかに高く、溶接の難易度と共に溶接後の処理も非常に難しい素材ですので特別な技術が必要になります。


また、カーボンに関しては、中国や台湾での製造が圧倒的シェアを持っています。少し前までは、普及価格帯モデルのみを中国、台湾で製造し、上位モデルは本国生産としているメーカーが多かったのですが、最近は中国、や台湾での技術も向上し上位モデルも中国、台湾で作成しているメーカーが増えてきました。ではイタリアで作るカーボンフレームはどうかというと、少量多品種生産が可能な点が中国、台湾とは大きく違うところかもしれません。
CIOCCのカーボンフレームは、型にカーボンシートを貼り付け形状を作っていく製造方法です。(詳しくは後日書きたいと思ています)


そのようなつくりのフレームを少量多品種作成するのは、手間暇がかかるため、大量生産を行う工場では扱えません。イタリアではカロッツェリアが車のコンセプトカーやワンオフボディを手掛けるなど、少量生産の文化がありました。そのような文化背景もあり、イタリア国内では、職人が優れた技術を使いながら、乗り手のことを考えて、一つ一つ丁寧に製造を進め製品を作り上げることができます。このようにイタリアの職人は、ドイツのマイスターや日本の職人と同じように製品に魂を込めるものつくりを行っています。そのような職人達が一つ一つ丁寧に気持ちを込めて作ったフレームは、それだけで一つの作品と言えるかもしれません。イタリアで作られたフレームは、美しく、どこか人間味を醸し出す雰囲気があると思いませんか?

 

イタリア国内でのフレーム作りへのこだわりのもう一つの理由は、歴史ある技術を途絶えることなく後世に伝えたいという想いからです。日本でも、製造業の国外依存度が高くなり、伝統的な製品が作れなくなるのではと危惧されていますが、イタリアでも同じことが心配されています。
いまや、アルミやカーボンフレームは台湾、中国やベトナムでそのほとんどが生産されています。メーカーがしっかり設計を行ったものを、それらの国で生産することで、非常に安いコストでフレームを作ることができます。メーカー製のフレームが10万円台からフレームを買うことができるということは、ロードユーザーの選択肢が増えることにつながり、ユーザーにとってはとてもメリットがあることだと思います。その結果、ロードユーザー層が増えることにもなるので業界としてもよいことだと思います。
一方で、製造国が台湾、中国やベトナムに偏ることにより、イタリアの製造が減ってしまうと必然的に職人の数も減ってしまいます。最悪、イタリア国内で製造できる職人が一人もいなくなるということにもなりかねません。
そういう意味でも、CIOCCでは、イタリアの製造技術を後世に伝えることも目的の一つとして、イタリア国内製造にこだわっています。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM